2012/11/06

初 ラーメン二郎

以前から、職場の同僚にぜひ行ってみてくれと勧められていました。
せっかく関東に来たのだからと、バスと電車を乗り継いてたどり着きました。

京王堀之内駅から歩いて10分、ラーメン二郎 八王子野猿街道2です。

時間が夕方6時半頃と早かったせいか、それほど多くはなく、店内に10名ほど並んでいる状態でした。
雰囲気は殺伐としていると想像していたのですが、ロックが流れ、思ったよりずっと普通です。ただ、店員さんもふくめ、客も全員 男のみです。

券売機にはいくつかメニューがありましたが、小ラーメン700円を選びました。
椅子に座って順番を待ちます。目の前で食べている人は、つけ麺大盛りでしょうか。麺と野菜と肉で器が3つもあります。食べる前にデジカメや携帯でバシバシ写真を撮っていました。まさか、あんなにたくさん食べれないだろうとみていると、完食です。それほど体が大きいわけでもなく、太っているわけでもありません。一体どこに入っているのでしょう。

そんな様子を見ているうちに、店員さんが食券の半券をちぎりにきました。

前の人が食べ終わり、自分の順番が来たので、コップに氷水をいれ、レンゲを取りました。

カウンターで暫く待つと、麺が茹で上がり、野菜や豚を乗せていきます。この時にトッピングを頼むようです。注文の仕方を同僚に聞いた時に「ニンニク野菜で。レッツファイト」と言われていましたが、野菜を足すとどう考えても完食できそうになかったので、「ニンニク」のみとしました。
写真みただけで胸焼けがする。すごい存在感。

まず、豚が大きい。もやしもいっぱいです。麺もぶっとい。見た時に、これは無理そうかも、と思いました。一口食べてみると、かなりしょっぱい。野菜と一緒に麺をかきこむとちょうどいい感じです。野菜も頼んだほうが良かったかもしれません。
野菜を食べきるぐらいまでは美味しく食べれたのですが、麺だけになった時、油の塊が残っていたり、あまりのスープのしょっぱさにだんだんつらくなって来ました。最後の方は嫌な脂汗が出てきたので、麺がある程度なくなった時点でごちそうさましました。

食べ終わって、店外を見ると更に20人ぐらい並んでいます。700円ということでコストパフォーマンスは抜群です。若いうちはいいけれど、もうそんなとしではないので、辛いです。口の中が痺れるし、お腹はまだ苦しいです。

いい思い出になりました。行ってみなくてはわからないことがいっぱいあります。

0 件のコメント:

JVC XA-AW33-W 防水デジタルオーディオプレーヤ

ハードオフでカウンターそばにおいてありました。ジャンク品として1080円で購入しました。 なんだこれ 蓋が開くと操作パネルがでてくる 下側は丸い 電池を入れたところ 見た目でなんだかわからなかったので、検索すると「 ビクター、お風...